~初心者でもわかる暗号通貨入門ガイド~

旬太郎の仮想通貨リアル投資日記

仮想通貨トレーダー旬太郎のプロフィール

どうも、妻と子供をこよなく愛するアラフォー個人事業主の旬太郎です。

仮想通貨歴は2018年2月からなので、完全なる後発組になります。

こちらの記事では旬太郎がどういう人生を歩み仮想通貨をやるにいたったかを少しだけ語っていこうと思います。

というわけで、「旬太郎なんてまったく興味ないぜ!!」という方はさようなら。。。

旬太郎ってどんな人だろう?というマニアな方はどうぞごゆっくりご覧ください。

仮想通貨を始めたきっかけ

僕は、高校を卒業後、ガソスタ、釣具店、運送会社、市役所の臨時職員などを経て、公務員になりました。

公務員になろうと思ったきっかけは、家族との時間を多く作りたい!お金が欲しい!ただそれだけ。

ほんとこの欲望というか願望は人10倍ぐらいありました。

 

まあ、そんな気持ちを抱きつつ、10年ほど公務員として働き、楽しく生活をしていました。

もちろん仕事で大変なこともありましたが、仕事がいやでやめたい!と思ったことはありません。

でも、ある時、ついに限界が訪れました。

 

もっと時間が欲しい!!

子供といっぱい遊びたい!!

休日は家族とすごしたい!!

もっとお金が欲しい!!

 

この気持ちが止められなくなってしまったんです。

そして、家族を何とか説得し10年目にして公務員を退職することに。

 

実はずっと前からやめるための準備をしていたんです。

もともと家族の時間やお金が欲しい!という理由から公務員になりましたが、公務員になってもその欲望は膨らむばかりでした。

だから、公務員として働きながら、人知れず時間に縛られることなくお金が稼げる方法を模索していたんです。

そこで見つけたのが、HP作成スキルとブログ運営でした。

 

自宅で空いた時間にパソコンをカチャカチャし、朝は3時やら4時やらに起きて出勤寸前までパソコンにかじりついて技術を磨き続けました。

さらに、そのスキルを妻に教え、毎朝夫婦で作業を継続し、数年後、、、やっとのことで生活できるぐらいの収入が入ってくるようになったんです。

ピーク時は月150万円の収入をいただいたこともありました。今は下がってしまいましたが...。

 

そして、公務員をやめて自由な時間を確保することができるように。

さあ、次はお金を手に入れるだけとなりました。

仮想通貨との出会い

テレビで見た”億り人”があまりにも衝撃的で・・・

そこには、20代ぐらいの若者が仮想通貨で億の資産を手に入れている映像がありました。

リップル、イーサリアム、ビットコイン、エイダコイン、など数ヶ月で数百倍になるという考えられないような現実があったんです。

 

ビジネスの鉄則として、時代の波に乗れた人が大金を手にすることができます。

そして、思いがよぎったんです。。。仮想通貨こそが今の時代の波なんじゃないか?ってね。

2020年までが勝負の時

それから、いろいろ調べました。

まあ、個人事業主なので時間は他の人よりもありますし、インターネットで生計を立てているので情報収集もそれなりにできます。

そこで情報収集の鉄則ともいえる、先行者で成功している人をまずは調べることに。

 

そして、見つけたのが加藤将太という起業家さん。

この方が無料で配っている「仮想通貨デジタル通貨セミナー」というのが秀逸で、わずか11時間で仮想通貨の知識を一気に引き上げることができました。

ただし、見ると不幸になる人もいるかも...。

なぜなら、、、この無料セミナーを見てしまうと仮想通貨の魅力に取り憑かれて、抜け出すことができなくなるかもしれないからです。。。僕のように。

 

⇒ 無料で見れる仮想通貨デジタルセミナーはこちら

 

メールアドレスを登録するだけで見ることができるので、仮想通貨に真剣に取り組む、という方は見ることをおすすめします。

というよりも、見ていない人の方が少ない、というレベルなので見ないとほかの人から2,3歩出遅れてしまうと思った方がいいです。

とりあえず、この動画で学べば、仮想通貨の基礎はマスターすることができるでしょう。

 

内容はこんな感じ。。。

 

●●●デジタル(仮想の)通貨セミナー 約11時間・非売品
~仮想の通貨で資産6億円のMBAホルダーの塾講師が教えるデジタル通貨の全て~

【Vol.1】序章:ビットコインの終わりとブロックチェーン、1億総デジタル通貨時代と人工知能
【Vol.2】第0章:デジタル通貨とは何か?
【Vol.3】第1章:ブロックチェーン技術とビットコイン
【Vol.4】第2章:ビットコインの終わり
【Vol.5,Vol.6】第3章(前半/後半):真の仮想通貨について考察する
【Vol.7】第4章:リップル技術を使って銀行・国・自治体がデジタル通貨を発行する
【Vol.8】第5章:仮想通貨の真の用途は人工知能が人類に課金することだ
※合計:約660分(11時間)

 

興味がある方はどうぞ。

あ、そうそう、あとこの動画を見たら絶対にリップルが欲しくなるのでご注意ください。僕も2018年待つまでにはリップルを買えるだけ買ってホールドする予定で動いています。

 

ちなみに、この動画いわく、仮想通貨は2020円のオリンピックを境に一気に普及していくと考えられているようです。

つまり、そのタイミングからどんどん参入者が増えてきて、仮想通貨が一般的になってくるというわけですね。

幸いにも私が仮想通貨と出会ったのは2018年の2月です。まだ全然間に合う!

 

時代の波に乗り遅れるな!

2017年の年末は仮想通貨バブルと言われるほど、一気に価格が高騰しました。

でも、これはほんの序章に過ぎません。

 

あなたの友人で仮想通貨をしている人って何人いますか?

僕の周りには一人として仮想通貨をしている、という人はいません。

これが答えかなと。

 

まだ一般の人々は「仮想通貨はハッキングされそうで怖い」とか「仮想通貨バブルは終わった」とか、自分には関係ない事として認識しています。

まわりの人たちがそう思っている時がチャンスなんです。

みんなが仮想通貨を始めた時はもうタイミングが遅いんですよね。もちろん仮想通貨で失敗をすると大金が消える可能性もあります。

でも、億稼げる可能性もありますもんね。そんなチャンスって一生に一度あるかないかだと思っています。

だから僕は仮想通貨に参入することを決めました。

 

重要なのは一般に流通する前にしっかりと準備をしておくことです。

2017年の仮想通貨バブルもそうですが、乗っかるだけで一気に資産を100倍以上にすることが可能なのが仮想通貨です。

もちろん、失敗すると、資産は減ります。

 

でも、夢がありますよね。

やっぱり男はロマンを追いかけないとダメでしょう。

あなたも僕と一緒にロマンを追いかけませんか?

もちろん、自己責任で...。

 

というわけで、いっちょ仮想通貨でバカみたいに稼いでやろうと思います。

バカみたいに負けたら笑ってやってください。

 

こちらのブログでは、投資日記にて僕の参加しているICOやトレード内容を記録しているので、よかったらご覧ください。

さあ、今の旬太郎の仮想通貨の資産はいくらでしょうか...

⇒ 旬太郎のリアル投資日記はこちら

 

投稿日:2018年4月25日 更新日:

Copyright© 旬太郎の仮想通貨リアル投資日記 , 2019 All Rights Reserved.